ホーム > 酵素洗顔 > 酵素洗顔と呼ばれるものにパウダータイプが多いわけ

酵素洗顔と呼ばれるものにパウダータイプが多いわけ

メイク落としには、シートでふき取るタイプやジェルタイプ、オイルやクリームなど様々な種類がありますよね。濃いメイクのときはオイルクレンジング、旅行のときは手軽なシートタイプ等、用途に合わせて使い分けている人も多いのではないでしょうか。

 

でも洗顔料はチューブを押して出てくるものが多いですよね。そして、酵素洗顔と呼ばれるものにはパウダータイプのものが多い気がします。手の平に出してみたらパウダーで、最初は驚いた人もいるのではないでしょうか。あれって、どうしてパウダーなのか考えたことありますか。あの粉が酵素なんだと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

パウダータイプの酵素洗顔を使ってみる

 

酵素というのは、水と反応するとすぐに活性化してしまうそうです。だから水に溶かした状態で販売すると、その効能が薄れてしまうみたいなんですね。どうせなら薄まった効果よりも、強力な効果を期待しますよね。だから、使う時に活性化させるために、自分で水を混ぜて洗顔するようパウダーになっているんだとか。そこまで考えられているんですね。チューブタイプの洗顔料だと最後まで使い切るのは難しいですが、パウダーだと最後までサラサラと容器から出てきてくれるので個人的にはお得だなと思っています。