ホーム > 健康 > 妊娠中のむくみ取りには鍼治療

妊娠中のむくみ取りには鍼治療

妊娠中の悩みで多いものがむくみで、悩んでいる妊婦さんも少なくはありません。便秘の悩みはこちら

女性は妊娠すると、だいたい12週目くらいから体内の血液が増えていきます。

そして34週目くらいになると、通常のときよりも40%~50%も血液の量が増えます。

血液全体の量が増えるわけではなく、血漿という液体が増えていきます。

血漿には血球などの細胞は含まれず、90%以上が水なのです。

それによって血液がスムーズに流れやすくなるため、

血栓を防ぐ効果や赤ちゃんに栄養が届きやすくなる効果があります。

しかし水分が増えるとむくみやすい体質になります。

妊婦さんがむくみやすいのはその為です。

さらに妊娠後期に脚がむくむ事が多い理由としては、赤ちゃんの重みがかかってくることで、

脚の付け根の血管が圧迫されるためです。

このような症状に効果的な治療方法が鍼治療です。

鍼治療は血液やリンパ液の循環を促進することで症状を緩和します。

また副作用を伴わない自己治癒力を高める治療になりますので、妊婦さんにも安心して治療を受けていただけます。

特に後期は運動により体を動かす事が難しい時期でもありますので、

鍼による治療で体の中の循環を促進することで効果がでます。


関連記事

妊娠中のむくみ取りには鍼治療
妊娠中の悩みで多いものがむくみで、悩んでいる妊婦さんも少なくはありません。便秘の...
もし性病にかかりたくないのなら真剣に読んでください
基本的に、性病は本人が気をつける事で予防する事が可能になります。 性病になってし...
彩香の太っちょは心筋梗塞のリスク
ひげ永久脱毛 この頃流行のベリーダンスは、お腹を中心に太ももなどの筋肉を細かく動...